ご当地キャラ関連のニュース


千葉日報

“ゆるキャラ”作ったよ-。花見川区のこてはし台中学校(杉山清志校長、生徒401人)で、同校のシンボルとしてマスコットキャラクター「ダイッチュ」が誕生した。生徒会が中心となって企画し、かわいい着ぐるみが完成。今後、学校行事のさまざまな場面で活躍することに ...


佐賀新聞

「ゆるキャラ」として人気の唐津市のマスコット・唐ワンくんとの「1日デート券」を当てた大志小6年の井上泰貴君(12)が5日、唐津城や呼子朝市など市内の観光スポットめぐりを楽しんだ。 昨年12月、中心商店街で開かれた「ゆるキャラ」集合イベント抽選会の特賞 ...

「かまがや盛り上げ隊」結成

千葉日報 - 2011/03/05 01:25


千葉日報

鎌ケ谷市は市にまつわる「ゆるキャラ」を集めた市キャラクターを制定した。名付けて「かまがや盛り上げ隊」。特産のナシをはじめ、プロ野球・日本ハム2軍や鎌ケ谷大仏など市を象徴する15種類のキャラクターが勢ぞろいした。 市が取り組む地域活性化プロジェクトの一環 ...

現在、日本全国各地には数千ものご当地キャラがある。「ひこにゃん」のように全国的に有名なものもあるが、多くは最近になって誕生した、現地の人しか知らないご当地キャラたちである。 兵庫国体のためにデザインされた「はばタン」や、神戸市環境局がゴミの分別促進の ...

4体の着ぐるみ

中日新聞 - 2011/03/04 01:26

新年度予算案にゆるキャラの着ぐるみ二体の予算をつけた。 実は、ゆるキャラの着ぐるみは既に二体ある。源平倶利伽羅の合戦で義仲が用いた奇襲「火牛の計」にちなむ火牛の「モーちゃん」と「カーくん」だ。新たに主人公にちなんだ二体を九十四万円で発注する計画だが、 ...

日本丸メモリアルパーク(横浜市西区みなとみらい2)で3月6日、雪イベント「『アルプスあづみの公園』から雪がやってくる!in日本丸メモリアルパーク」が開催される。 日本丸メモリアルパーク(帆船日本丸・横浜みなと博物館)は2月18日に、国営アルプスあづみの公園( ...

ゆるキャラブームにあやかり09年に着ぐるみを復活し、イベントなどに登場し、子どもたちの人気者になっている。 キジの雌は色合いが地味なため、市は新キャラクターの基本設定を再検討し、4月にも公募を始める。制作費用などから新たな着ぐるみは2体が限度で、 ...


福井新聞

スカイツリーの公式キャラ「ソラカラちゃん」や押上・業平橋地区の「おしなりくん」、江戸東京博物館の「ギボちゃん」など地元の先輩ゆるキャラたちも駆け付け、あづちゃんを歓迎した。 あづちゃんは、吾妻橋地区の町会や商店会などで作る同地区活性化協議会が「人と人、 ...


トラベルニュースat

12日の九州新幹線全線開業まであと10日と迫った2日、沿線4県のゆるキャラたちがJR新大阪駅と大阪駅で気勢を上げた。JR新大阪駅構内の運転開始カウントボード前に勢ぞろいしたのは、福岡・はね丸、佐賀・とっとちゃん、熊本・くまモン、鹿児島・さくらじまん= ...

いわゆる“ゆるキャラ”が歌舞伎の舞台に立つのは、400年以上の歌舞伎の歴史上、初めてだ。 ひこにゃん(滋賀・彦根市)、せんとくん(奈良)など、全国的な人気者まで誕生した“ゆるキャラ”の世界から、歴史に名を刻む「かぶき者」が現れた。 国民文化祭のPRの任務を ...

Powered by Google News