ご当地キャラ関連のニュース

お笑い界のゆるキャラ珍獣”の異名を持つウクレレ漫談家・ぴろき。コメディアンの東八郎に師事し、88年には浅草ロック座の専属になっていたというから芸歴は豊富。しかし、イギリスのネッシー同様、知る人ぞ知る存在として生息を続け、脚光を浴びるようになったのは近年のこと。

田辺東幼稚園の園児44人がゆるキャラと一緒に栗田忠昭署長から交通ルールの話を聞き、交通安全の歌を歌った。高齢者は、頭部や右足などに取り付けたセンサーで安全確認動作を自動診断する教習車や、自動ブレーキで衝突を回避する軽自動車を体験し、安全運転の意識...

裁判所が職員採用のためのPRを強化している。就職活動の「売り手市場」で志願者が減少する中、最高裁は8月、大学生らに裁判所事務官の仕事を知ってもらうインターン(職業体験)を初めて実施。昨年末には、オリジナルのゆるキャラを配した採用専門ページをフェイスブック...

国内外のご当地キャラクターが毎年十一月に羽生市に集う「世界キャラクターさみっとin羽生」が、世界が共感する「クールジャパン(かっこいい日本)」を発掘、認定する「クールジャパンアワード2017」で特別表彰を受けた。さみっとは市民による実行委員会が主催しているイベント...

北本市にある高尾氷川神社でトマトの絵馬が頒布され半年がたった。 素盞嗚尊(スサノオノミコト)を主祭神(しゅさいじん)として6柱の神様を祭る同社は、市内はもとより近隣市町村より崇敬されている。 トマトの絵馬を企画したのは同市町おこし隊として活動するカナリンさんと島村...

東京都・荒川区熊野前のレトロな商店街の一角にある「natural cafe こひきや」は、「毎日の美味しい時間を。」をコンセプトに、うどんを中心としたメニューや、スイーツ等のカフェメニューを素材にこだわって提供しているお店です。店主の想いが詰まった料理や店内に魅せられて...

つがる市 ゆるキャラすもう大会(青森県). 県内のゆるキャラによるすもう大会が18日、つがる市のイオンモールつがる柏で開かれた。大会には市町村や企業などのゆるキャラ21体が出場。決勝は青森トヨペットのとよぴが東奥日報社の福ロウに押し出しで勝って初優勝を飾り、...

宇宙誕生の謎に迫る次世代大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の北上山地建設を実現しようと、岩手県奥州市は15日、誘致活動をPRするマスコットキャラクター「おうしゅうヒッグスくん」を発表した。今後、小学校などで開くILCの出前授業や各種イベントなどで活動する。

東京・熊谷前、既存の建物をリノベーションした「こひきや」は、昔の良い雰囲気はそのまま残したレトロな外観が印象的。木のぬくもりが溢れるインテリアの数々、懐かしさを感じる落ち着いた店内です。 席はテーブルとカウンターが用意され、平日のランチタイムはOLの方やシニア...

宇宙誕生の謎に迫る次世代大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の北上山地建設を実現しようと、岩手県奥州市は15日、誘致活動をPRするマスコットキャラクター「おうしゅうヒッグスくん」を発表した。今後、小学校などで開くILCの出前授業や各種イベントなどで活動する。

Powered by Google News