ご当地キャラ関連のニュース

本日8月1日から『ゆるキャラグランプリ2018』がスタートした! ゆるキャラグランプリといえば、“くまモン”を始め、“にしこくん”や“ふっかちゃん”、“うなりくん”など、上位に選ばれるとブレイク間違いなし!?な、ゆるキャラ界の人気総選挙だ。 まずは公式Twitter(@yurucharagp)を...

こにゅうどうくんが誕生日 ゆるキャラグランプリ投票はじまる

YOUよっかいち (プレスリリース) - 2018/08/01 05:06

四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」が8月1日、誕生日を迎えた。”永遠の6歳”である「こにゅうどうくん」は、市制100周年の記念の年に生まれた。同日からは、11月に大阪市の花園中央公園で開催される「ゆるキャラグランプリ2018」インターネット投票が午前10時...

奈良県の王寺町観光協会は、観光歴史無料講座「太子と大師~『雪丸とだるま』~」を、8月23日に有楽町朝日ホールで開催する。 王寺町観光協会(所在地:奈良県北葛城郡王寺町)は、この夏、聖徳太子ゆかりの地「王寺町」にまつわる様々な歴史的魅力を体感いただくイベント『...

ご当地キャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ」を2016年で引退し、発信力低下が懸念される中、新たなファンを獲得し、観光振興につなげるのが狙い。県内5店舗、都内2店舗で展開する。 県産アジを使ったタルタルバーガー(税込み1380円)や、しまねっこが描かれ...

彦根市で十月二十、二十一の両日、「ご当地キャラ博2018」が開かれる。毎回、百体以上のゆるキャラが集い、八万人を超す参加者であふれる人気のイベント。十一回目の今回は新たに、キャラクターが配る名刺やカ ... 記事全文を読む ❯...

連日続く厳しい暑さに、県内のご当地キャラも苦しんでいる。倒れては地元のイメージダウンにつながりかねない ... 毎日催し昨年の「ゆるキャラグランプリ」で県内1位、全国でも5位の好成績を残した稲敷市の「稲敷いなのすけ」。デビューした2015年当初と比べ出演回数が増えて...

彦根市で十月二十、二十一の両日、「ご当地キャラ博2018」が開かれる。毎回、百体以上のゆるキャラが集い、八万人を超す参加者であふれる人気のイベント。十一回目の今回は新たに、キャラクターが配る名刺やカードを集める「ご当地キャラ名刺コレクションラリー」がある。

全国の「ゆるキャラ」らが一堂に集まる「ご当地キャラ博2018」の概要が、実行委員会から発表された。今年は10月20、21の両日、彦根市京町の夢京橋キャッスルロードなどで開催。全国から160のキャラクターが参加し、地元・彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」ら...

いつになく気合いを入れて仕事に臨んだ銀さんは、手始めに「自治体PRといえばゆるキャラ、しかも動物はウケがいい」とばかりに、定春に気球やムツゴロウ、佐賀牛やイチゴ(さがほのか)などといった佐賀県の名産品を色々つけて「佐賀春」と改名し、佐賀県の公式ご当地...

中盤からは熊本地震発生後、地域振興・震災復興にかけまわる「次世代のリーダー」の奮闘を余すところなく描写。くまモンの「こんな大変な時に、ゆるキャラは不謹慎」という葛藤から、「こんな大変な時だからこそ、しあわせ部長として、今こそ、みんなを元気づける」という心の変化...

Powered by Google News