ご当地キャラ関連のニュース

埼玉県熊谷市などが会場となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)の開催500日前イベントが、さいたま市のJR浦和駅東口前で6日開かれた。ミニラグビー体験や、県内のご当地キャラクター19体によるラグビー応援団「ゆる玉フィフティーン」も紅白のラガーシャツを着て...

埼玉県熊谷市などが会場となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)の開催500日前イベントが、さいたま市のJR浦和駅東口前で6日開かれた。ミニラグビー体験や、...

黒のカリスマ”ことプロレスラーの蝶野正洋が8日、都内にある“戦いの聖地”ディファ有明で開催された映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)の試写会イベントに出演。“前座試合”として行われた「ゆるキャラ大乱闘」を観戦した蝶野は「ゆるキャラの対決って、どうなることかと...

トレカは、大和郡山の金魚などデザイン性あふれる全国各地のご当地マンホールの蓋(ふた)を紹介するマンホールカードと同様、現地に赴かないと入手できない非売品のカード。表面は光を反射して模様が浮き上がるホログラム仕様で、裏面にゆるキャラのプロフィルなどが掲載...

美浜町の南知多ビーチランドで十二日、知多半島五市五町のご当地キャラクターが登場したり、各地のグルメなどを販売したりして地元をPRする「知多半島感謝デー」があった。 ビーチランドに併設するおもちゃ王国に設けられた各市町のブースでは、武豊町のたまりラーメン、...

奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」がライセンス料で稼ぐ年収が、全盛期の3%にまで激減している。誕生から10年を迎えて人気が低迷しているのが背景とみられ、...

日本リサーチセンターの全国キャラクター調査(17年10月)では、「せんとくん」の認知率は64%で、ご当地キャラクターとして「くまモン」や「ふなっしー」に次ぐ第3位の全国的な知名度を誇る。関西大学の宮本勝浩名誉教授は今年2月、「せんとくん」の誕生から10年で、奈良県内...

日本リサーチセンターの全国キャラクター調査(17年10月)では、「せんとくん」の認知率は64%で、ご当地キャラクターとして「くまモン」や「ふなっしー」に次ぐ第3位の全国的な知名度を誇る。関西大学の宮本勝浩名誉教授は今年2月、「せんとくん」の誕生から10年で、奈良県内...

シングルのジャケットは、群馬県前橋市にあるテーマパーク「るなぱあく」で撮影されたもの。「全面に群馬を入れたくて」と、装丁にも並々ならぬこだわりを注いだというジャケットの裏には、群馬県のご当地ゆるキャラである、ぐんまちゃんも登場。 さらに公開されたMVでも「一つの...

ゆるキャラは各地に数多くあるため、子どもが泣きだすようなリアルな造形にこだわった。日中15分ごとに浮上させる装置は、町職員らが試行錯誤を重ねて開発した。 さらに14年から「全国妖怪造形コンテスト」を開催し、最優秀作品に選ばれたてんぐなどの像を同公園内に設置...

Powered by Google News